FC2ブログ
  • 2018_11
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2019_01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

劇場版「MOZU」を観て。。。

お元気ですか?
先日、劇場版「MOZU」を観てきました。



work1.jpg


嬉しいことに、
ドラマ版「MOZU」の世界観が健在で、なるほどこういう事だったのかと大満足した次第です。(笑)


ドラマ版「MOZU」、特に「百舌の叫ぶ夜」では、
倉木警部(西島秀俊さん)と新谷兄弟(池松壮亮さん)の”世界は違うけれど思いは同じ”という関係性が好きだったのですね。


ところが、劇場版{MOZU」では、
倉木警部と東和夫(長谷川博己さん)の関係が最高に良い!!
東の倉木への愛が半端ではない。(笑)


ダルマ役のビートたけしさん、ダルマの願いだったらどんなことでも叶えようとする高柳隆市役の伊勢谷友介さん、実行犯権藤剛役の松坂桃季さん。
特に松坂桃季さんの切れっぷりは凄かったけれど、東和夫(長谷川博己さん)の倉木警部への思いの前にはひれ伏すしかないかな?(管理人の感想)


ヤフー感想欄では、ストーリーがないとのコメントが多々あったけれど、十分すぎるほどあったと思っています。
そして、そのストーリーはドラマと繋がっているので、ドラマ版「MOZU」を観ておいたほうがより楽しめるのですね。


西島秀俊さんのインタビュー【『MOZU』男たちの正義】の一部。

一方、西島自身は正義を、「取扱注意」の概念と捉えているようだ。「本音を言うと、『これは正しい』という確信を持つことや、『自分の行いは絶対的な正義である』と思い込むことが、実は一番間違いにつながりやすいと思っています。自分も含め何に対しても、常にどこかで疑いを持って生きていきたいなと思います」。


西島秀俊、疑いを持って生きる…正義の危うさに警鐘【『MOZU』男たちの正義】       
   ↑クリック下さいね。


「MOZU」の世界観は、西島さんの正義についての言葉にあるのではないかと勝手に納得した次第です。(笑)


【『MOZU』男たちの正義】インタビューは、西島さん他「MOZU」出演者にもされています。



劇場版「MOZU」公式サイト   ←クリック下さい。



西島秀俊×ビートたけし インタビュー   ←クリック下さいね
”1分の出会いが生んだ14年後の激突”







関連記事
スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 日本映画

プロフィール

coco1208

Author:coco1208
ご訪問ありがとうございます。

検索フォーム

FCカウンター

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。