FC2ブログ
  • 2019_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2019_08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

ヨナス・カウフマン ジャパンツアーへ! (2015年)

やっと来日!! (笑)


6月4日、ヨナス・カウフマン ジャパンツアー(大阪)へ行ってきました。
本来は去年だったのですが、体調不良で延期になってました。



IMG_3097.jpg


カウフマンさん、ご年配のファンも多いのですね。
70代前後で、着物をお召になったご婦人方も何人かいらしてました。

夫は当然にS席を買ってくれたと思い込んでいた管理人。
ところが、A席と知った時の驚きは。。なんとも言えない。(><)
3階席、うしろから3列目あたりですよ~。

最前列から2、3列目あたりは30代から40代位の女性が陣取って(?)らして、正直、羨ましかった! (笑)

去年10月、公演延期が分かった時点で払い戻しを希望された方々が多かったのかな?けっこう空席はありましたね。
5月30日の東京公演から始まって、大阪公演が最後です。
大阪公演(ザ・シンフォニーホール)では、シューベルト”冬の旅”24曲。
ピアノはヘルムート・ドイチェ。

21世紀の「キング・オブ・テノール」と言われるカウフマン。
その魅力は? (あくまでも詳しくない管理人の私的感想)
やはり声質が独特なんですね。特に高音での包み込むようなハスキーボイスと渋いバリトンの美声。
そして、容姿。

今回もその魅力がたっぷりの公演でした。



ところで、カウフマン出演のメトロポリタン・オペラがWOWOWにて放送されます。


IMG_3098.jpg


最後に
ヨナス・カウフマンプロフィール(パンフレットより)

ミュンヘン音楽大学で音楽教育を受ける。
1994年、ザールブリュッケン州立劇場でプロデビューを飾る。
2009年7月、バイエルン州立歌劇場で「ローエングリン」タイトルロールを初めて歌い、音楽ジャーナリズムの絶賛を博す。
2010年7月には、同役でバイロイト音楽祭にデビューを果たす。


その後の活躍はすごいですよね。



↓ ヨナス・カウフマン オペラ「リゴレット」より”女心の歌”

https://www.youtube.com/watch?v=NEqZAedSPHg
  
↑これが聴きたかった!(笑)

オペラ「リゴレット」で”女心の歌”を歌うのは、無類の好色男であるマントヴァ公爵。
カウフマンの好色男風って? やはりそれらしい歌い方です。






関連記事
スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 徒然に。。。

プロフィール

coco1208

Author:coco1208
ご訪問ありがとうございます。

検索フォーム

FCカウンター

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

« 2019 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。