FC2ブログ
  • 2018_11
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2019_01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

「流星ワゴン」第1話を観て。。。こんなはずじゃなかった一雄さん

TBSドラマ「流星ワゴン」は視聴されましたか?

原作にかなり忠実に作られていて、あれれ~この調子だと話が終ってしまうよ~と思ったところで、話の展開が元に戻ってしまうという。。かなり手の込んだミステリー風に仕上がっているのではないかと思いました。

人生に絶望した主人公一雄が、幽霊親子のオデッセイに乗って、分岐点となる過去へとタイムスリップするのですが、
なんと大嫌いだった父忠雄も一雄と同じ年齢になり朋輩(チュウさん)として現れ、同行するのです。

一雄と忠雄(チュウさん)の性格、生き方の違いによるすれ違いっぷり。
一雄と一雄の息子広樹とのすれ違いっぷり。

息子が引きこもり家庭内暴力を起こすまでは、幸せだと思っていた一雄の勘違いぶり(これは妻に対しても)も描かれているので、他人事とは思えず、シリアス過ぎて、ぞっとしてしまうところもあるけれど、
一雄と忠雄(チュウさん)の対比が繊細と豪快、神経質と無神経の両極端ゆえに、
西島秀俊さんのへたれ具合さと、香川照之さんの豪快だけど”男の照れ”を強烈に持った喧しさ具合が楽しめます!


原作では主人公一雄が主なので、全体的には淡白だったように思ったのですが、
ドラマでは、朋輩として一雄の過去に同行する父親の忠雄(チュウさん)もかなりのウエイトを占めているので濃いです。

どなたかが、「忠雄は昭和の父親で、一雄は平成の父親だ」と核心をついたツイートをされていました。

忠雄ほど粗野や豪快さはなくても、昔の父親(いや男全般かな?)にはある種の”照れ”というものがあったように思います。
母親とは全く違う場所から子供を見守っているのに、子供にはその姿を見せない。
その結果、一雄と忠雄のように一時的に父子関係に溝が出来てしまう場合があるのです。
もうこれは、父としてだけでなく妻に対しても”照れ”があったように思います。

平成の父親の代表格のような一雄は、一生懸命に子供、妻に接し守ろうとしているのに、どうして、
妻と息子の心が一雄から離れていくのか。。。
このへんが本作のテーマではないのかと。。。

管理人の勝手な解釈だと、
”チュウさん”が一雄に対してよく使う言葉「ぶっさいくじゃのう~」の中にその答えがあるのではないのか。。。と(笑)

”チュウさん”が一雄に「ぶっさいくじゃのう~」という時はどんな時なのか?
1度しか視聴してないので、細かいシーンは忘れましたが、
再視聴して書き出そうと思っています。 (笑)
何時どういうところで「ぶっさいくじゃのう~」が出てくるのか。

「今をときめく西島秀俊さんに不細工っていえる香川さん!」なんてツイートもありましたね。

忠雄さん一家はいろいろあれど、妻ともうまくいっており、子供も普通に育っているので、家庭としては一応成功です。
病気で死にかけている”チュウさん”は死に切れずに朋輩として一雄を導くために現れたのでしょうね。
そう思うと父親ってほんとにありがたい存在です。

そして、不運な死に方をした橋本さん親子も縁あって、一雄を助けたいと思ったのでしょう~

頑張れ!一雄。

今の居場所が現在か過去か分からなくなってしまう一雄(視聴者も分からなくなっていた。)は、
破ったはずの離婚届が元の状態なって手の中にあり、成立したはずの契約がもともと成立してなかったことに驚愕したところで、次回へと。。。

それにしても、福澤作品だから、やはり顔芸です。
香川さんの顔芸は有名だけど、あの無表情(ミステリアスな。。)が売りの西島さんまでが!!!@@


試写会で、一雄役の西島秀俊さんが「泣いてしまいました。」と仰っていたと聞き、泣きどころは何処だったのかな?と興味深く第1話を観ていました。
子供の一雄が家出した時、一番早くに見つけた父親の忠雄が息子に声を掛けれず、警察に通報して保護してもらうという。。。。
その理由が、
「何を言ってええか分からんかった。」
父親の哀愁が出ていて良かったですね。
胸にグッときました。

余談ですが、
TBS「流星ワゴン」HPのファンメッセージに投稿されていた文章。
勝手に引用してしまいますが、いいのかな?? ←ごめんなさい。

“西島秀俊はじっくり醸造された貴重な役者”2015.01.18 10:17

 西島さんは「遅れてきた大物」「大器晩成型」「遅咲きの花」とか言われ、最近の「大人の男」の魅力を特集した媒体には引っ張りだこですが、西島をデビュー当時からその役者としての眠れる才能に期待して長年応援してきた映画ファンとしては何か悔しいものがある。

 西島さんは国内外から多くオファーをもらっても、派手な企画や著名監督、話題性ばかりが先行しているもの、人気俳優との共演という表面的な理由で仕事を選んできた人ではない。
 著名でなくとも、真摯に彼に企画の趣旨を訴え、作り手の想いを伝える監督や、彼の心をうつ脚本や、日頃から彼が一度共演してみたいと思った役者陣等で選び、中にはインディーズレーベルや地上波以外の大衆迎合型ではない小作品にも数多く出演している。

 ダブルフェイスやMOZUで、レイモンドチャンドラー張りの紫煙くゆらすトレンチコートのハードな男の世界を生きた彼が、先行き不安で自信を失った、そして多くのサラリーマンに共感をもたれるだろう今回の主人公を演じることに多くの人々が彼の真の実力、役者としての幅の広さ、豊かさ、魅力を再認識させられるだろうと予感する。


そして、
先日TBSラジオ「たまむすび」に西島さんが出演された時の模様を書き起こして下さっている方がいましたので。。。
ありがとうございます。
http://miyearnzzlabo.com/archives/22316    

↑ クリック下さいね~




関連記事
スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 「流星ワゴン」

プロフィール

coco1208

Author:coco1208
ご訪問ありがとうございます。

検索フォーム

FCカウンター

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。