FC2ブログ
  • 2018_11
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2019_01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

日本映画「日本のいちばん長い日」

最近、近頃の日本映画を観ない夫が、何故か過去の東宝映画、その中でも戦争映画シリーズを買ってきてます。

その中に、前から観たかった岡本喜八監督の「日本のいちばん長い日」があったので観ました。

戦争映画は一昨年に観た佐々部清監督の「日輪の遺産」と成島出監督の「聯合艦隊司令長官 山本五十六」以来です。

去年から今年にかけて「風立ちぬ」や「永遠の0」が大ヒットしていますが、観てないのですよ。

「永遠の0」は、「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督。

「ALWAYS三丁目の夕日」は観ましたが、面白かったかなあ。。。?

CGで昭和の時代の再現とか。。。

CG多用映画はあまり好きじゃないんですね。

「DOLLS」や「ハーメルン」のように生(?)の映像が好きです。

それに、

「三丁目の夕日」の時代を生きてきたので、そんなに感動はないんです~。


なんて勝手なことを言ってますが、やはり映画は監督さんや俳優さんで観てしまいます。


ところで、

映画「日本のいちばん長い日」ですが、1967年(昭和42年)8月3日公開


31F0AAD03YL.jpg



三船敏郎さんはじめ、ナント豪華な俳優さんたちの顔ぶれ。。ホント懐かしい~です。


まあ~この俳優陣の顔ぶれを見ているだけで、もう嬉しくなります。(笑)



「日本のいちばん長い日」とは、

御前会議で降伏を決定した昭和20年8月14日正午から、ラジオの玉音放送を通じて国民に対してポツダム宣言受諾したことを知らせる15日正午までの24時間をさしているのですね。


玉音放送の草案、清書、大臣の署名の姿など、玉音放送に向けての政府、放送関係者の慌ただしい動き。

それに対して、降伏に反対する将校たちの熱い思いが結集して起きるクーデターじみた暴発。

また、終戦が決定していることを知らずに若者を特攻隊として見送る上官の姿、その直後に終戦を知った時の涙。

陸軍大将(三船敏郎さん)、海軍大将(山村聡さん)の戦死した部下と爆撃による一般国民の死への思い。


長い苦衷の一日であっただろうな~と観る者も思ってしまいます。

視聴時間も157分の長さです。


でも、重厚な作品で見応えがあります。

当時を生きた軍人、政府関係者、一般民衆の姿から、時代の熱気、敗北への焦燥、喪失感、

でも、次代に託す希望などが描かれているように思いました。


陸軍大将の三船敏郎さんは、やはり凄い存在感ですね。

それに対して、内閣総理大臣鈴木貫太郎役の笠智衆さん、飄々としてなんとも言えない味のある総理大臣を演じられてます。



このお二人の絡みのシーンが、この映画の見所のひとつでもあるのかな。。。


笠智衆さんは、飄々とした演技をされる役者さんで管理人はとても好きです。

成瀬巳喜男監督作品「娘 妻 母」のラストシーンにもホンの数分出演されているんですよ。

子供たちの態度の急変に傷ついたおばあさん(三益愛子さん)が公園へ行くと、

そこに孫の守りをしているおじいさん(笠智衆さん)がいる。

ふたりのちょっとした立ち話の後、映画が終わるのですが、このラストシーンがとても印象深いのです。


飄々として孫の守りをしているおじいさん(笠智衆さん)の姿を通して、

少し気持ちが軽くなったであろうおばあさんの心理状態がふっと浮かび上がってきて、

映画に深い奥行きが出ているようで。。。(管理人の勝手な解釈です。)



「日本のいちばん長い日」で驚いたのは、

出演者の名前が役柄とは関係なく、出演順にラストに流れるのですよ。 それと、

出演陣はほとんど男性で、女性出演者(エキストラ以外)はたったひとり新珠三千代さんのみという。。。




原作:大宅壮一(実際は半藤一利さんのようですが)

監督:岡本喜八

脚本:橋本忍

久しぶりに見た橋本忍さんのお名前。

橋本忍さんってすごく有名な脚本家で、黒澤明監督作品「生きる」、野村芳太郎監督作品「砂の器」など多くの有名な作品の脚本をされています。




関連記事
スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 日本映画

プロフィール

coco1208

Author:coco1208
ご訪問ありがとうございます。

検索フォーム

FCカウンター

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。