FC2ブログ
  • 2019_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2019_09

宮崎県高千穂町の楽しい里神楽

先程、NHKで「ニューイヤーオペラコンサート」が放送されていました。

夫は吉田拓郎さんのファンですが、大のオペラ好きでもあるのです。
彼の夢はバイロイトで、元小泉首相のように”さまよえるオランダ人”を観劇することらしい
のです。

その「ニューイヤーオペラコンサート」で”主よ~~”という歌われているのを聞いて、
日本の”主”に該当するものは何かな~とボーと考えていたら、3年ほど前に旅行した宮崎県
高千穂の里神楽(夜神楽)を思い出しました。
神楽とは神前で神を祀るために行われる神事芸能です。
宮中で行われるのを御神楽、諸国の神社で行われるのを里神楽と言います。

2008年の晩秋に別府温泉から宮崎県北端にある高千穂まで、車で旅をしたことがあるので
すが、別府温泉から高千穂まであんなに遠いとは思いませんでした!

何回峠を越しても高千穂に着かない不安!山里が見えて来たらホッとするのですが、そこを
通り抜け、また峠に向かい、峠を下りて、また峠。。車にカーナビは付いているのですが、
映像は山の中しか映ってません。

恐がり(良く言えば、危機管理が優れている?)A型の私は山中で日が暮れて、ガソリンが切
れてしまったらどうしたらいいのか。。。と心配ばかりしていました。
それぐらいに山中はすれ違う車も人も見あたらないのです。

何時間走ったのか、やっと村里が見えて、そこが高千穂と分かった時はホッとしたものです。
旅館で、近くの高千穂神社で里神楽(夜神楽)をやっていると聞いて、夕食もそこそこに駆け
つけました。篝火が参道を照らし、重厚な感じでしたが。。。

s_tj_02.jpg
高千穂神社


私も夫も里神楽(夜神楽)を見るのは初めてです。
里神楽とは神社の神楽殿で行われている芸能で、演者は仮面と装束を付けて、身振り手振りで
演じて、無言劇です。
そして、笛、大拍子、大太鼓などの演奏があります。

里神楽の演目には、『古事記』、『日本書紀』を題材とした神代神楽、『お伽草紙』を題材と
したお伽神楽があるらしいのですが、私たちが見たのは神代神楽でした。
”天の岩戸”から始まって、いざなぎのみこと、いざなみのみこともご出演です。
(広辞苑では"天の岩屋戸”と記されています。)


毎夜行われる里神楽(夜神楽)を見に行く人は少ないと思っていたのに、次から次へと人が
入ってこられ
ます。
そのうちに大きな座敷は座っている人でいっぱいになり、立ち見の人も出る有様です。

神楽というと重々しい感じがするのですが、全く反対でとても面白いです。
セリフはなくても神楽男の足の動き、手の動きが面白いのです。
そのうちにいざなぎのみことが舞台から下りて、女の人たちに抱きついていきます。
どうも、いざなぎのみことに抱きつかれたら妊娠することが出来るらしいのです。
それで、若い女の人を中心に抱きつきますが、私もついでに抱きつかれ、喜んでしまいました!!

711_kk_02a.jpg
里神楽(夜神楽)です。




   旅人もやんややんやの神遊び  (coco1208)


その時の情景を俳句にしたのですが、本当に賑わっていました。
神遊びは夜神楽と同じ意味で、冬の季語です。

さて、翌朝、高千穂神社に行くと、昨夜の賑わいは何処へ。
深閑とした神社でした。


この高千穂町は日本神話においては、ニニギの天孫降臨の地とされ、またアマテラスがこもった
とされる天岩戸が町内にあるので、見に行きました。(天岩戸は他の地域でもありますが)


280px-Takachiho-gorge.jpg

高千穂峡です。

峡谷は貸しボートで遊覧できるようになっており、峡谷に流れ落ちる日本の滝百選の一つである
「真名井の滝」の至近まで近づくことが出来ます。

230px-Takachiho_Gorge_by_boat.jpg
「真名井の滝」です。

神話によれば天村雲命(あめのむらくものみこと)という神が天孫降臨の際に、この地に水がな
かったので水種を移し、これが天真名井として湧水し、滝となって流れ落ちているといわれて
います。
夏場は午後10時まで滝周辺がライトアップされ幻想的な雰囲気を出しています。
(Wikipedia参照)


ブログを当時はするとは思わなかったので写真はないので、Wikipediaよりお借りしました。
昼間でも高千穂峡は良かったのですが、ライトアップされたら、本当に幻想的だと思います。





 

関連記事
スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 国内旅行
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:2

念願の高千穂へ・・・

  1. 2012/10/23(火) 05:22:29 |
  2. URL |
  3. casper
  4. [ 編集 ]
来月、友人3人と行く事がきまりました
今まで海外優先で国内はあまり知らないのですがcocoさんの
ブログ読んで益々、期待がふくらんできましたv-14

casper さん~^^

  1. 2012/10/23(火) 10:54:11 |
  2. URL |
  3. coco1208
  4. [ 編集 ]
はじめまして~。
コメントをありがとうございます。

> 今まで海外優先で国内はあまり知らないのですがcocoさんの
> ブログ読んで益々、期待がふくらんできましたv-14

とても、嬉しいです!

高千穂町には天の岩戸、賽の河原もあり、見所がとても多いです。
私たちは別府からとても遠い感じがしたのですが(^^;)、後日高千穂へ行った知人は遠いとは思わなかったと言ってました。

11月でしたら、神社で毎晩神楽が行われているようですので楽しんでいらして下さいね~。

海外もいいですね~。^^
行きたいところが多々あります。(笑)

素敵な旅になられますように。。。




 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

coco1208

Author:coco1208
ご訪問ありがとうございます。

検索フォーム

FCカウンター

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

pagetop