FC2ブログ
  • 2019_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2019_11

「流星ワゴン」最終回を観て。。

親との和解(それは絆を取り戻すことですが。。)が、人生のやり直しには必要なことだった。

「流星ワゴン」最終回は納得の展開でした。(笑)

人生で初めて出会う他者(普通は親ですが。)は、いかにその後の人生に影響を与えるものなのか。。。
人間は哀しくもその影響下(チュウさんの言葉によれば”人生の核”を抱いて)で生きていくことになる。

父との間が思春期によくある一時的な不仲だったら問題はないが、一雄のように父との関係がトラウマとなってしまうと、
今度は自分の息子との関係にも影響を与えてしまい、その関係もうまくいかないものなのですね。
父と息子の関係の連鎖ということでしょうか?

本作は、父と息子の話だったけれど、母と娘の関係も同じことがいえるかもしれない。

それにしても”親の愛”って悲しいほど真っ直ぐで、いたわしいほど深い。
チュウさんを見ていて、そう思いました。
チュウさんの最後の夢は一雄と連れションすること。(笑)
でも、その心情はすごくよく分かりました。

親って、子供がまだ幼い頃はいろいろ期待に胸を膨らまし、それが生甲斐にもなるのですが、
子が成長し、自分のもとから巣立っていくと期待もだんだん萎んでいくのですね。

ましてやチュウさんとって、一雄との間にある深い溝と一雄の人生の危機は、チュウさんが生霊となって一雄の過去に朋輩として同行するほどの心配事だった。

「カズ、この世で一番お前のことを思うてきたのは、このワシじゃ。それだけは自信がある。」
チュウさんの本音ですが、 親の本音です。
一雄との「流星ワゴン」での旅は「楽しかった~。」
これもチュウさんの本音。

一雄は妻美代子の本音、チュウさんの本音を知って目から鱗だったでしょうね~。
自分の思い込みに気が付いた一雄は、「生きたい!」と心より思うようになります。

ところで、

「永田さんは死にます。」は、橋本さんのついた優しい嘘だった!!

一雄の「生きます。」という一言が聞きたいがための嘘だったのですね。

「生きたい!」と思った一雄の選んだ生き方は、広樹も伴っての故郷鞆の浦での漁師の生活でした。
会社は継がなかったけれど、チュウさんも満足でしょう。

ラストシーンは、半年後鞆の浦に現れた美代子を見つけて、ひた走る一雄さん!
管理人的には、ドラマ「流星ワゴン」の一雄役は俳優西島秀俊さんらしくないなあ。。と思って観てきましたが、
ラストのひたすら走る一雄さんだけは西島秀俊さんらしい。
西島さん主演映画「帰郷」の晴男さんに見えましたもの。(笑)



ドラマの初期に鞆の浦での撮影があった日は、娘が博多へ出張した日で、新幹線で広島を通過するときに広島地区だけすごく吹雪いていたと言ってました。
「流星ワゴン」の西島秀俊さん、香川照之さんはじめキャストの方々、そして福澤監督とスタッフ陣、本当に寒い中での撮影お疲れさまでした。




  1. [ edit ]
  2. 「流星ワゴン」
スポンサーサイト




「流星ワゴン」第9話を観て。。。

「どうしても辛かったら、逃げろ!」

死を覚悟した一雄本来の自分自身の言葉を広樹に伝えます。

チュウさん流だと「逃げるな。勝負して勝て!」になりますね。

広樹への言葉にはすごく納得したのですが。。。


一雄が美代子に謝罪したことには違和感が。。。

一雄さんのような夫は息が詰まるかもしれないけれど、それも妻子を大切に思うが故の行動。
「家計のやりくりもしてくれて、家事も手伝ってくれて、笑っているだけでイイ!」なんて言ってくれる旦那さん。
実に羨ましい!(笑)

美代子も不満があれば、もっと早く言葉に出して夫に文句を言っておけば、一雄さんももっと早く気が付いたのに。。。

これでは、美代子さんの方が問題で、傲慢で、
心に闇なんかなくて、ただ夫の優しさに甘えているだけの心の弱い女性に見えてしまいますが。。。

次回、一雄は死んでしまうのかな。。。?


TBS「流星ワゴン」HP  ←クリック下さいね

TBS「流星ワゴン」公式ツイッター   クリック下さいネ~



一雄役:西島秀俊さん
忠雄役:香川照之さん
一雄の妻役:井川 遥さん
橋本役:吉岡秀隆さん
健太役:高木星来くん
永田広樹役:横山幸汰くん
一雄の母役:倍賞美津子さん
一雄の妹役:市川実和子さん
幼少の一雄役:佐藤詩音くん



E1426386024829_bae8_1.jpg









  1. [ edit ]
  2. 「流星ワゴン」

「流星ワゴン」第8話を観て。。。一雄さんのチュウさん化?

今回、最終となる分岐点は、一雄が納得するまで何時間でも何日でもその場所に留まることが出来るということ。

一度、「もう死んでもいいか。。」と思った一雄は、最後の分岐点で覚悟を決めて臨みます。
前回のラスト、「僕は死ぬんですか?」と橋本さんに訊ねた際の一雄さんの表情ですが、
西島秀俊っていう俳優さんは、こういう時の表情ってすごく上手いんですよ。 
かすかにニヤッって笑みを浮かべるだけで、一雄の覚悟が伝わってきましたものね。
で、第8話は久しぶりにほんと楽しみにしていました。(笑)

覚悟を決めた一雄。「どうせ死ぬのなら、今回だけはチュウさんのやり方でやってみる。」

上司に啖呵(たんか)を切り、退職届を叩きつけ、退職金を持って美代子と競馬場へ。
なんと!美代子の借金の一部を返した残り200万円(?)で馬券を買ってしまう!!@@
馬券は「1、14」。ふたりの結婚記念日だそうです。
恐いもの知らずの一雄さん! すっかりチュウさん化ですよ。

美代子の借金を返した時の一雄のヤミ金業者への啖呵もチュウさんそのもの!
「なんじゃ~!!くろべ会に喧嘩売るっちゅんかい!ええ度胸しとるじゃないけ! ごちゃごちゃぬかすとどたまかちわるど!こりゃあ!」 ← by一雄

いじめられていた広樹を助け出します。

そんな一雄を見て、
美代子も広樹も心を開きはじめるのですね。

このままこの場所に留まって生きていけば、未来を変えられる!

チュウさんは父として、一雄一家が絆を取り戻しつつあることに喜びますが、
でも、そのことはチュウさんのこの世でのやり残しが出来なくなることでもあるのですね。
この世に心残りがあれば、成仏出来ない。
それはチュウさんがこの世にひとりで彷徨うことになるのです。
橋本親子は二人で彷徨っていますが。。。


ところが、またワゴンに戻ってきた一雄さん! なぜ??

一雄はチュウさんのように行動しただけで、その姿は本来の自分ではないという。
チュウさん化している自分に違和感があったのです。

でも、一雄はチュウさんのお蔭で何をしなければならないかが分かったそうです。
以前の一雄は、
美代子の不審な行動にも、広樹のぴりぴりした行動にも気づいていても、その現実から目を背けていたのですね。

一雄は橋本さんに頼みます。
「もう一度、大切な(分岐点)場所に行って、本当の自分自身で、自分の言葉で二人と話しがしたい。」と。。。

そんな一雄に橋本さんは、
「死ぬ覚悟は出来ていると言ってたのは、本当ですね?」と言い、
「永田さんは死にます。」

ええっ!!@@ ←オドロキました。


次回は美代子の本音?    




ドラマ「流星ワゴン」に描かれている女性像。
美代子について、
今までのところ、美代子は何を考えているか分からない。
一雄を嫌がっている行動は描かれているけれど、それは何故なのか。。。? 不思議です。
今回も手を怪我した時に、一雄は「どうした?大丈夫?」と駆け寄るのですが、一雄に触れられることを嫌がっています。
前回も一雄に触れられた手を必死にこすり洗いしているシーンがありましたね。
                        
普通、                     
夫婦関係がここまできたら、パチンコに依存して闇金融に大借金をしている場合ではないんですね。
生理的に受け付けないということだから、まずは離婚を考えるでしょう。
一雄の性格が問題ならば生理的ウンヌンにはならないと思う。
と、すると美代子のパチンコ依存は夫にあるのではなく、美代子の心の中(性格)にあるのかな?
チュウさんは美代子のことを「病んでいる!」と表現していましたね。

それに反して、一雄の母澄江さんは、
パチンコも競馬も、へそくりを貯めて芝居にも行っていたらしい。
でも、夫であるチュウさんは「やりくりさえちゃんとしていたら、後はなんでも好きにしたらいい。」という考え。
まあ、うるさいし乱暴だけれど細かい事は言わない人。
チュウさんに言わせると「あいつのしたたかなところにワシは惚れたんだ。」ということになります。

次回、”美代子の闇”ではなく”美代子の本音”とのこと。
美代子のパチンコ依存が”本音”では説明に窮する感がありますが。。。

あれだけの借金をしても怒らないで、美代子の好きそうな競馬を共にする一雄。
こちらも不思議。

チュウさん澄江夫婦 対 一雄美代子夫婦
(夫おおまか、妻したたか)夫婦 対 (夫細かい、妻病む)夫婦なのかな?

正反対の夫婦関係ですね!



TBS「流星ワゴン」HP  ←クリック下さいね

TBS「流星ワゴン」公式ツイッター   クリック下さいネ~



一雄役:西島秀俊さん
忠雄役:香川照之さん
一雄の妻役:井川 遥さん
橋本役:吉岡秀隆さん
健太役:高木星来くん
永田広樹役:横山幸汰くん
一雄の母役:倍賞美津子さん
一雄の妹役:市川実和子さん
幼少の一雄役:佐藤詩音くん















  1. [ edit ]
  2. 「流星ワゴン」

「流星ワゴン」第7話を観て。。。健太くん成仏?

「流星ワゴン」、
前々回のラストシーンが、美代子の再度借金をするシーンだったので、次回どうなるのか?と思っていたら、前回はチュウさんのやり直しの話。

前回のラストシーンが、「わしがここにいる理由がやっと分かったんだ。」と言うチュウさんだったので、次回にその理由が分かるのだと思っていたら、今回は健太親子の成仏の話でした。

「各話の連続性が欠けている~。」
と、ぶつぶつ言いながら、リアルタイムで観ていますが。。(笑)

チュウさんがここにいる理由は、やはり「一雄と心より仲直りしたい」ということが本当の理由なのでしょうね。
チュウさん独特の”照れ”があって一雄にも橋本さんにも本音が言えない。
病院でのチュウさんは、医者からは考えられないほどの生命力で持ち直しているそうです。
一雄さんが来院するのを待っているのですね。

成仏するために、再度母親に会いに行った健太くん。
母子で幸せなひとときを過ごした健太は、成仏しようと事故現場に行きますが、やはり橋本さんと一緒に居りたいがために
ワゴンに戻ってきます。
橋本さんと健太は、血の繋がりがなくともやっと本当の父子になったのですね。
橋本さんに肩車をしてもらう健太。
そして、チュウさんも健太を肩車します。
子供の頃、忠雄がよく肩車をしてくれたことを思い出す一雄。

「あの頃のおやじは、チュウさんは僕にどんな景色を見せたかったのだろう。」
また同じ景色を見ることができるのだろうか。。。


一雄と忠雄は、血の繋がりはあるのに、今だ相手を苦々しく思っているのですね。
一雄は、過去の忠雄の行動が許せないし、
忠雄は、一雄が会社を継がなかったことが許せなかった。
だけど、忠雄は死に際して一雄と仲直りしたい、”本来の父子”になりたいと思い、橋本さんのオデッセイに乗り込んだのでしょうね。
一雄と仲直りすることは、忠雄が現世に心を残さないで成仏することなのでしょう。

次回8話は、
今度こそ、一雄さん家庭の話に戻りそうです。
予告では、怒鳴る一雄さんの姿が。。。
今までのチュウさんに対する少しひ弱な一雄さんの怒鳴り方ではなく、妻を脅している相手に対してのドスの効いた一雄さんの怒鳴り声。期待できそうです。


余談ですが、(話は完全に逸れてます。)
「流星ワゴン」の原作者重松清さんは、吉田拓郎さんのファン??
吉田拓郎ウィキペディアにお名前が。。

去年「MOZU 幻の翼」を観るためにWOWOWに加入したら、「吉田拓郎LIVE2014年」も放送されて喜んだことがあります。
前にも書いたことがありますが、ウチは夫婦共に拓郎ファン。(笑)

ずっと昔、ネットがなかった時代には、拓郎さんの情報を得るために、音楽雑誌を求めて書店へ行ったり、
ご本人の著書を買ったり、DJされているラジオ番組を録音して深夜に聞いたり。。。といろいろしました。

最近、録画してある「吉田拓郎LIVE2014年」を再々視聴していた時、「シンシア」の作詞(ご本人か松本隆さんか岡本おさみさんか。。)のことで夫と意見が違ったので、ネットへ。。(便利です!)

久しぶりに拓郎さん情報を知ろうとネットを見ると、ウィキペディア吉田拓郎に重松さんのお名前があって驚きました。
重松清さんは1963年生まれ。
拓郎さんは、たしか1946年生まれ。
拓郎さんが30代の頃、重松清さんは10代後半から20代前半。
30代の拓郎さんってライブはもう止めるとか(それで慌ててライブへ行ったのですが。)、ライブでは全部新曲しか歌わないとか言われていた頃です。
その新曲しか歌わないライブで聴いた新曲「アジアの片隅で」は今も心の片隅に残っているほど素敵な曲です。



ドラマ「ジェネラルルージュの凱旋」の白鳥さん演じる仲村トオルさんもファンらしいです。
ウィキペディアによれば、「将来の目標が見出せなかった大学時代の夏休みに、友人に誘われて行った拓郎の1985年のつま恋オールナイトコンサートに感銘を受け、俳優として生きていくと決意したという」と書かれています。
1985年のつま恋オールナイトコンサートには管理人たちも観客で参加してたのですが、
あの空間に仲村トオルさんもいらした!!?@@








  1. [ edit ]
  2. 「流星ワゴン」

「流星ワゴン」第6話を観て。。。チュウさんのやり直し?

なんとも憎らしい一雄の父忠雄!!
チュウさんも”過去の自分”を見て、さぞかし驚いたことでしょう!

でも、そんな父親でも母親のすみえさんにとってはかけがえのない夫なのですね。
その象徴として描かれているのが「チュウさん特製のお好み焼」のようですが、これだけでは妻すみえが夫忠雄に尽くす理由として説得力に欠けてそう。。。

一雄の忠雄への接し方は、ただただ父を避けること。
諦観というのでしょうか。
何を言っても聞く耳を持たないので言わない。
聞く耳を持たないだけでなく自分は正しいと主張して、相手をけなす。
一雄が会社を継がなかったことに根を持ち続けている人なのですね。

忠雄に真剣に向き合おうとしない一雄の心情が手に取るように理解出来ました。
母親の父忠雄への気持ちを知った一雄は、忠雄に本当のことを言って真剣に向き合いますが。。。
今回のチュウさんは少し(かなり?)格好悪かったですね。

父親から受けたトラウマが原因で、一雄の人生がうまくいかないのだと思ったから、
朋輩となって、一雄の過去の分岐点への旅にチュウさんも同行していると思っていたのですが、
どうも、違うようです。

ラストは、
「わしがここにいる理由がやっと分かったんだ。」と一雄に言うチュウさん!
どうして、チュウさんの生霊が病院のベットから抜け出して、一雄の過去の分岐点にいるのか。。。

本作はチュウさんやり直しの物語だった?
来週7話は、ワゴンの旅もラストを迎え、健太が再び母親に会いに行くらしい。。
一雄さんのやり直しはどうなるのかな。。。


TBS「流星ワゴン」HP  ←クリック下さいね

TBS「流星ワゴン」公式ツイッター   クリック下さいネ~



一雄役:西島秀俊さん
忠雄役:香川照之さん
一雄の妻役:井川 遥さん
橋本役:吉岡秀隆さん
健太役:高木星来くん
永田広樹役:横山幸汰くん
一雄の母役:倍賞美津子さん
一雄の妹役:市川実和子さん
幼少の一雄役:佐藤詩音くん







またまた追加ですが。。。(笑)
実は、「流星ワゴン」放送の翌日は胃が痛くなる。。。
視聴率が気になるし、西島さんの演技に対してなんやかんやと言われるし。。。
「MOZU」の時は、視聴率が下がっても全く気にならなかったのですよ。
「面白いものは面白いのだ!」と言えたし、万人受けしないドラマだったのは確かだし。。。ね!

思うに
「流星ワゴン」は、マンガ(?)ドラマには向かない題材なのですね。
うまく言葉で表現出来ないのだけれど、
原作「流星ワゴン」の底に流れている雰囲気は現代そのもの。
物事は善悪だけでは解決しないという世界です。
過去に戻ってやり直しをしても、その結果問題がクリアーされる訳ではない。
でも、読者には何かが残るという。。。その何かは人によって違いますが。

ところが、ドラマはチュウさんの色合いを濃くして、昭和色。
それも、昭和の良いところではなく、悪いところを強烈に打ち出している。
特に今回の母澄江の一雄を叩く行動は??? です。

↓「流星ワゴン」みんなの感想サイトの投稿コメントの一部  ←勝手に引用してスミマセン

(演出に対し)好かんもんは好かんのじゃ!
ここまで劇画タッチにしなくても、視聴者もバカじゃないから
細かい表情やちょっとした台詞の抑揚や間で伝わるし感じることが出来るのに。
舞台かよ!!
香川さん、今の半分位で十分。
その劇画風の作りに千住さんのクラシカルなメロディが合わない。
かと思えば、サザンの歌謡曲風に入るエンディング。バラバラだよ。

「とんび」がNHK→TBSでドラマ化されたが、この作品、今度はNHKでドラマ化してほしい。
原作を活かして作ってくれそうだし、落ち着いて見れそう。
そして、西島さんと香川さんにも出てもらう。
絶対こんな演技じゃない。
西島さんもボロクソ言われないと思う。気の毒。








  1. [ edit ]
  2. 「流星ワゴン」


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

coco1208

Author:coco1208
ご訪問ありがとうございます。

検索フォーム

FCカウンター

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

pagetop