FC2ブログ
  • 2019_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2019_11

徒然に。

お元気ですか?

ノートパソコンの下に水が溜まっていたのに、数日気づかなくて、、、。(涙)
PCが立ち上がらない!! テーブルにこぼした水がPCの下に浸水していたとは。。

電源を抜き、PCの裏を仰向けにして2週間。
十分に乾燥させ、電源を繋ぎ、立ち上がった時は感動ものでした。
処置を教えてくれた娘に、ラインで拍手のスタンプを、彼女からも拍手のスタンプという、、。(笑)

そんななか、
先日、滋賀県の石山寺に行ってきました。
石山寺は、
紫式部が琵琶湖の湖面に映る十五夜の名月を眺め、「源氏物語」の構想を得て、参籠して書いたと伝えられているお寺。
堂内には「源氏の間」があり、筆をとる紫式部像が安置されていました。

今年は三十三年に一度の御開扉の年にあたるということで、大津市出身の友達が案内してくれました。
ご本尊は如意輪観音。普段は拝することが出来ないのですが、三十三年ごとに一度、そして天皇即位の年にも開扉されていました。
当日は、桜が満開で、 参道で花吹雪を体験。(笑)

で、拙い一句。

     花吹雪纏(まと)ひて拝す源氏の間      coco1208


また、
お寺の前を流れる瀬田川の石山港から琵琶湖の入り口まで、レトロな船で花見のクルージングを楽しんできました。

名神高速道路、新幹線、瀬田の大橋、国道1号線、JR線の順に鉄橋をくぐり、琵琶湖への境界線でユー・ターン。




瀬田の大橋は、壬申の乱で、大友皇子と大海人皇子(後の天武天皇)が戦った場所で有名なんですね。
天智天皇の死後、長子の大友皇子(弘文天皇)を擁する近江朝廷に対し、吉野にこもっていた天智天皇の弟大海人皇子が672年
に起こした反乱。結果は大友皇子が敗れ、大海人皇子が即位して天武天皇になります。


また、拙い一句。

     のどけしや今は昔の瀬田の橋        coco1208




話は変わりますが、戦といえば、
大河ドラマ「真田丸」。
戦国の世の武将の勢力図がよく分かる脚本になっていますが、
登場人物のキャラが一定していないように思えるのですね。
特に、女性陣。13話の梅の行動には唖然としましたね。
徳川方との戦の最中、生まれたばかりの乳飲み子をきりに預けて戦場をうろうろ。
そんなキャラだったかな?良識のある梅だと思っていたので、なにかリアリティー欠けるなあと、、。
だけど、きりはまともな発言をして赤子の面倒を見る。
ところが、14話では、秀吉に会う上杉景勝と共に大坂に出立する信繁に同伴したいと申し出て、信繁と喧嘩(?)。
いつものきりに戻ってましたが、今度は、茶々のキャラで驚いてしまって、、、。竹内結子さんのマンガチックな演技。

ちょうど、今、夫が大河ドラマ「秀吉」のDVDを観ているので、ちらちらと流し観をしていると、
「真田丸」と同じような突っ込み場面が多々あるのですね。
ところが、違和感が全くないのです。ドラマだと納得出来るのですよ。

どうして「真田丸」だけが違和感が拭えないのかな?と考えた時、
昌幸役の草刈正雄さんがどんな突拍子なことを言っても違和感がないし、信幸役の大泉洋さんもない。今回初登場の石田三成役の山本耕史さんは安定の演技で役にはまっていますし、それに所作も綺麗です。
だけど、信繁、家康、秀吉、茶々、秀吉、きりにはかなりな違和感がある。
脚本か役者さんの演技のせいか・・・今しばらく観ていこうと思っています。
突っ込みシーンを探すために観るって、、、。どうなん?(笑)


そして、先週から放送された朝ドラの「とと姉ちゃん」。
西島秀俊さん演じる”とと”が5日目で亡くなるという、、。

主人公は「暮しの手帖」創業者・大橋鎮子さんがモデル。
かって管理人もよく読んでいたのですが、「暮しの手帖」といえば、花森安治さん。
大橋鎮子さんも創業者のお一人だったのですね。

先週金曜日は”とと”が、長女の常子(主人公)に自分亡き後の家族のことを託します。
”とと”の言葉に常子は”とと姉ちゃん”になることを決心。
母とふたりの妹を”とと”にかわって支えていこうとします。

朝ドラは「純情きらり」しか観たことがなくて。(笑)
西島さんの冬吾さんはハマッてましたよね。
今回は5日間のみの出演ですが、丸めがねをかけ、丁寧な言葉で子供にも接する”とと”の姿が、鮮明に常子たちはもちろん視聴者にも残りましたね。
常子の今後の人生が”とと”と共にあるのがとても納得できる展開でした。


石山寺の写真を撮ってきたのですが、何故かPCにUP出来ない。(汗)







  1. [ edit ]
  2. 徒然に。。。
スポンサーサイト




「真田丸」第4話

「真田丸」、不思議なドラマだなあ~と。。(笑)
特に”面白い”とは思わないのですが、何故かリアルタイムで観てしまう。

三谷幸喜さんの脚本って、結果が分かってしまうのですね。
予定調和っていうか。。
たぶんこうなるだろうと思っていたら、やっぱりそうなったという。。
だからストーリー的にはとても分かりやすいけれど、ドキドキワクワク感がないんですね。
主役の信繁(堺雅人さん)の表情も分かりやすいし、他のキャストの言動もやっぱりネ!と。(笑)

でも、楽しみにしているのは、
草刈正雄さん演じる真田昌幸が魅力的だし、

そして、大泉洋さん演じる信幸も好きです。
信幸といえば、つい「真田太平記」の渡瀬恒彦さんを思い浮かべてしまうのですが、
生真面目故に、父昌幸に振り回される信幸役の大泉洋さんが瑞々しくて可愛いし、面白い。

ところで、
真田昌幸は真田幸隆の三男なんですね。
真田幸隆は、武田信玄、勝頼に仕えています。
大河ドラマ「武田信玄」では、幸隆役は橋爪功さん。
ドラマでは、軽妙洒脱な人物に描かれていて、橋爪功さんの幸隆役はハマってましたね。

「真田丸」での昌幸(草刈正雄さん)は、とぼけた顔して知略を巡らす人物。
信幸(大泉洋さん)の生真面目だけど味のある顔との対比が面白いです。

ラストシーンは、もう本能寺の変!!
折角、織田信長の傘下に入ったのに。。

1582年4月3日武田勝頼自害。
1582年6月21日本能寺の変。

吉田鋼太郎さんの信長役に、ナント明智光秀役は岩下尚史さん!(笑)ハコちゃんです。
アッという間に退場です。



真田丸HP   ←クリック下さい









  1. [ edit ]
  2. 徒然に。。。

「真田丸」第1話を観て。

今年のNHK大河ドラマ「真田丸」観られましたか?

1話だけでは分かりませんが、
重厚さとコミカルさが混ざりあったようなドラマですね。
三谷幸喜さん特有の言葉の遊びのようなセリフも多々。。


堺雅人さん演じる真田信繁は、設定ではまだ15才?。幼げな表情と次男特有の呑気さがあるが、でも洞察力は確かだという人物像です。
対して、大泉洋さん演じる兄の真田信幸は真面目で、少し心配症な人物像。少し小物感があるのはどうしてかな?


ナイスキャストだと思ったのは、
昌幸役の草刈正雄さん、さすがの演技です。

そして、武田勝頼役の平岳大さん。お父様の平幹二朗さんにそっくりですね。
信玄公を失った後の甲斐の悲劇の主人公ともいえる武田勝頼を好演されてました。

かなり残念だと思ったのは、信繁の母役高畑淳子さんの過剰な演技!
そして、家族団欒のシーン。
戦国時代は家族団欒なんてあったのかな。。?

いろいろ言ってますが、(笑)
信繁の成長がどのように描かれていくのか、、、次回も楽しみ。

信繁の敵となる家康役は内野聖陽さんです。

余談ですが、
内野聖陽さんは上映中の日本・トルコ合作映画「海難1890」に主演されているのですね。
「海難1890」は、
1890年、和歌山沖で遭難したトルコ軍艦「エルトゥールル号」の生存者69人を住民らが救出し、手厚い看護の後、日本海軍の軍艦によりトルコへ送り届けた経緯で、
トルコ航空機が、1985年のイラン・イラク戦争の時、テヘランに取り残された日本人を助け出したという有名な話の映画化。



 真田丸HP   ←クリックください


今年は、「海難1890」、「杉原千畝」(上映中)、そして「女が眠る時」、「クリーピー」など観たい映画が多く楽しみです。

          














  1. [ edit ]
  2. 徒然に。。。

新年のご挨拶を申し上げます。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。



嫁いだ娘から、昨日(もう去年になりますが)「大変な一年やったね~」とラインが来まして、
大変だったことが分かってくれていたんだと少しジーンときました。

去年は、夫が突然入院、それも6ヶ月も。。
なかなか更新出来なくて、ブログのトップに広告が入り(1ヶ月更新しないと広告が入るのですね。)、それも2回も入りました。
新年を迎えたのに、ご挨拶が昼過ぎになりました。ごめんなさい。

去年の拙い一句.です。


   支へれば共に転びし小春かな          coco1208

                                                                                                                                 ( 小春とは小春日和のことです。秋の季語)



今年も細々と更新を致しますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。


取り急ぎご挨拶まで。


















  1. [ edit ]
  2. 徒然に。。。

徒然に、

もう12月! 如何お過ごしですか?
相変わらず忙しい日々を送っている管理人ですが、
夜は比較的ゆったりしています。(笑)

来年のNHK大河ドラマが、「真田丸」ということで、
かってNHK時代劇で放送されていた「真田太平記」を再視聴しました。
やはり面白い!!と再確認した次第です。


「真田太平記」は、幸村(信繁)の兄真田信之が主人公なんですね。 
信之役は渡瀬恒彦さん。
信之は冷静沈着な人物に描かれているので、渡瀬恒彦さんはかなり抑制の効いた演技をされています。


対して、
幸村役の草刈正雄さんはなんとも華やかで、優雅な武将。
草の者であるお江(遥くららさん)とは相思相愛で、お互いを必要としている様が面白可笑しく描かれ、観ていて楽しく、
特に若い頃の幸村は可愛い。(笑)


父昌幸役は丹波哲郎さん。権謀術数を巡らす様はホントはまり役です。


”真田丸”とは、幸村が大坂冬の陣で、真田山に築いた出城のこと。
冬の陣は和議が成立し、大坂城の外堀を埋められてしまい、真田丸も取り壊されます。


翌年の
大坂夏の陣では、幸村(草刈正雄さん)が緋威(ひおどし)の鎧を身に付け、家康の本陣へ一直線に駆ける姿はカッコイイ!
猛スピードで駆け来る幸村に、腰を抜かしそうな家康。
中村梅之助さんの家康公はコミカル感満載だけど、違和感が全くなし。
こんなコミカルな家康像って新鮮です。

原作:池波正太郎
脚本:金子成人


さて、
来年の「真田丸」は、
原作はなし。
脚本は三谷幸喜さん。

幸村(信繁)役は堺雅人さん
昌幸役は草刈正雄さん
信之役:大泉洋さん
家康役:内野聖陽さん

「真田丸」は、大坂冬の陣だけなのでどういうふうな展開になるのかなと思っていたら、
歴史の流れの中の真田一族を船に喩えて”真田丸”なんですね。

堺雅人さんの幸村(信繁)はどのような武将に描かれるのでしょうね。
映画「武士の家計簿」で演じられたように寡黙で微笑みが印象的な役柄なのか、
それとも舞台演技のようなオーバーさが目立つ役柄なのか。。と興味があります。




「真田太平記」の幸村(草刈正雄さん)では、草の者であるお江(遥くららさん)との関係性が変化することによって、幸村の成長が描かれていたように思います。
普段は穏やかで少しかわいげのある武将に描かれていた幸村が、夏の陣で家康に向かって突入する様のスピード感と勢いは、
まさに武将幸村の面目躍如といったところです。



NHK大河ドラマ「武田信玄」も再視聴したのですが、
こちらも傑作。
中井貴一さんの信玄公はかなりハマっていますし、合戦シーン、特に上杉謙信との12年にも及ぶ川中島の戦いは見応えがありますね。

「独眼竜正宗」も「武田信玄」、「真田太平記」も1980年代半ばの作品。
”合戦シーン”を観ると、ああ~バブル期だったんだ!と感慨深いです。(笑)







  1. [ edit ]
  2. 徒然に。。。


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

coco1208

Author:coco1208
ご訪問ありがとうございます。

検索フォーム

FCカウンター

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

pagetop